現在募集中の部屋

【礼金・敷金ゼロ】102号室(3.4万円) → 【写真14枚】詳しい条件(LINE対応可)

退去トラブルに巻き込まれない予防策

こんにちは、メゾンド藤沢家主の一木です。

 

今回は退去トラブルについて話します。

 

世間一般では退去の際に、

モメるというイメージが先行しています。

 

で、確かにモメることがあります。

 

入居者の故意破損を直さずゴネたり、

一方で家主や管理会社が

過大にリフォーム代を請求したりなど。

 

前者は論外ですが、

問題の多くは後者でしょう。

 

昔よりこういう退去のいざこざは、

国交省のガイドラインが策定されてから減りましたが

まだまだあると思っています。

 

だからこそ、メゾンド藤沢はルールに則り

負担按分を明確化しています。

 

明確な入居者負担となる場合

ちなみに、明らかに入居者負担となるケースを

お伝えしておきます。

 

・喫煙により部屋をヤニだらけにした

・家電家財を故意で破壊した

・壁や床に穴を空けた

 

大体このような感じです。

 

裏を返せば常識の範囲内で

部屋をお使いいただければ、

退去の際はクリーニング代だけで済みます。

 

つまり、

 

・生活の範囲内で発生した傷

・経年による壁紙の色落ち

 

これらをリフォーム代として

請求することはできません。

 

たまに入居者にふっかけて請求してくる

愚かな業者もいますが

非がなければ突っぱねるべきです。

 

ハウスクリーニング代はどうなのか

リフォームは普通に生活をされていたら、

敷金から黙って精算されるとか

別途請求されるということはありません。

 

ですが、ハウスクリーニング代は

これは契約時か退去時に請求されます。

 

たとえ敷金なし物件でも、

特約として契約時に支払うはずですから

大半は前払いだと思いますが。

 

1K、ワンルーム物件であれば

安ければ20,000円以下で

高くても25,000円ほどでしょうか。

 

ということで、30,000円以上請求されたら

これは文句を言っていいレベルです。

 

もちろん、物価に関係してくるので

一概にどうとは言えませんが、

少なくともこの記事の公開時の物価を鑑みると

30,000円は高いと言えます。

 

いずれにせよ、あまりに高いと思ったら

あなたご自身で

相見積もりを取ってみてください。

 

退去時立ち会いのときに使えるテクニック

原始的な方法ですが

退去立ち会い時に使える方法をシェアします。

 

あなた一人では現地に行かないこと。

 

ご自身が大人しい性格と自覚されていたら、

なおさらです。

 

とくに入居中の対応で

違和感を抱いた管理会社相手なら、

より注意を払うべきです。

 

複数人で退去立ち合いするのは、

丸め込まれないにするためであり

友人や親兄弟と行くのがベターです。

 

でもって、納得できないことがあれば

その場で逐一伝えましょう。

 

その主張の根拠になるのが、

入居前の室内写真になるので

証拠保全の大切さが伺えます。

入居後にチェックするべきこと

公開日:2014/09/29 更新日:2017/04/21

内見のお問い合わせ

このページの先頭へ