現在募集中の部屋

【礼金ナシ】103号室(3.4万円)

引っ越し日ギリギリの物件探しだとこんな損をすることも

こんにちは、メゾンド藤沢家主の一木です。

 

ファミリータイプの物件を探している方であれば、

ご家族の誰かが部屋探しをしてくれていることも多いので

あまりヘマすることもないんですが、

単身生活だと日々の生活に追われてなかなか時間が作れません。

 

となると、引っ越し一週間前になって

ようやく物件を探すことになるという、

尻に火が点いた状態で物件探しをする人もいます。

 

事実、10月24日入居予定で10月20日に申し込みされて、

22日に契約された方もいましたからね。

 

このスピードにはかなりビックリしましたが…

 

焦ると冷静な判断が下せない

これは不動産に限った話じゃありませんが、

焦ると判断をミスることはよくあります。

 

余裕を持って冷静に物件を見て回っていたら、

見落とさなかったような部分を見逃してしまったりなど。

 

具体的には共用部分やゴミステーション周りが汚いとか、

室内の日あたりが異様に悪いとか、困りますよね。

 

前者は管理が行き届いてなくて、居住者の民度が低いわけですよ。

となると、入居してからトラブルになる可能性も高くなりますし、

日当たりが悪いと洗濯物にも苦労するし気分も暗くなります。

 

まあ、こういうのはごく一例ですが

意外と焦っているとこういう物件に

申し込んでしまうんですよね。

 

言い方は悪いですが、不動産会社や家主からしたらいいカモです。

 

だからこそ、何度もお伝えしていますが余裕を持って行動しましょう。

余裕さえあれば、ロクでもない物件に申す込むこともなくなりますので。

 

変な物件を避けるためには前もって余裕を持つこと

引っ越し慣れしている方であれば、ギリギリでもいいかもしれませんが

そこまで引っ越し経験がある人も少ないわけです。

 

となると、経験不足をカバーするためには

時間を確保することです。

 

「そんなこと言っても時間がない!」と、

諦めてしまうの簡単ですけど、

誰しも時間は24時間でこれだけは平等です。

 

となれば、いかに忙しくても時間をひねり出すか。

 

あらかじめあなたなりの譲れない条件を設定した上で、

ウェブ上で物件を精査することで余裕が生まれます。

 

事前準備もなしに不動産会社の言いなりになって、

焦って決めることだけは注意してくださいね。

 

もっとも、今回お伝えしことも

ご本人が急いで決めた物件でも満足しているのであれば、

問題ないわけですから私の大きなお世話になります。

 

ただ、やはり物事を急いで決めて満足する確率は少ないので、

じっくり腰を据えて行動することをオススメしたいですね。

 

公開日:2014/10/25

内見のお問い合わせ

このページの先頭へ